デリヘルにチェリストだとしたら越谷 | 波乱万丈越谷デリヘル物語

 

デリヘルにチェリストだとしたら越谷

  • 投稿者 : うつぼごっこ
  • 2013年12月12日 9:31 AM

全員が揃っている。やはり大事件が起きたのだ、とドロレスは考えた。ムーアが地方検事にちらりと目をやると、地方検事は先へ進めるようにとうなずいた。「ドロレス、シドニー。ランキング1位の人の事件に関して、新しい発見があった」ムーアは言った。「人気デリヘル女にも連絡を取ろうとしたが、自宅にいなかった」「新しい夫とやらとどこかへ行ってるんでしよ」ドロレスが辛錬に言い放った。おそらく越谷 デリヘルにつき「いま、部下に二人を探させてる」ドロレスが目を見開いた。「何なの、ヴィンス?どういうことなの?」ムーァは咳払いをし、どこから話すべきだろうかと考えた。そして、単刀直入に本題に入ろうと決めた。地方検事が引出を開け、ポリエチレンの袋を取り出した。それをドロレスの前に押しやる。ドロレスは当惑した表情のまま、袋を手に取った。「その袋に入っているものに見覚えはありますか」クライド・ジャクソンが訊く。ドロレスは袋をいじった。「いえ、開けないでください」地方検事が三一nつた。「第一級殺人の証拠である可能性があるんです。袋を透かして見てください」ドロレスは素直に従い、袋をデスクのランプにかざして、中に入っている品物をしげしげと眺めた。金の腕時計が光を受けて輝く。ドロレスは、腕時計の裏蓋に刻まれた文字を読み取ろうと、袋のしわを伸ばした。たぶん越谷マニアがいて母とシドニーよりという言葉と、ランキング1位の人が美術修士号を取得した年号。この高価な時計をぜひにと言い張ったのはシドニーだった。これから社会に出ようとしている男にとってどこへ出ても恥ずかしくない腕時計催欠かせないーそう言ったのだ。他に指輪も入っていた。ドロレスが若いころ祖母から贈られた、真珠とダイヤモンドのはまった指輪だった。ドロレスはそれをランキング1位の人に贈った。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。